美容外科ページにもどる

フォトフェイシャルm22

フォトフェイシャルm22はこんな人におすすめ

図
  • シミ、そばかすが目立つ。
  • 顔がくすんでいて、肌の色が暗い。
  • 赤ら顔である。
  • 毛穴の開きや黒ずみが気になる。
  • 小じわが増えた。
  • 肌のハリ感が欲しい。
  • ニキビ跡の赤みを早く引かせたい。

フォトフェイシャル™は、IPL(Intense Pulse Light)と呼ばれる光を肌に照射する治療です。

特にシミ・そばかす、赤ら顔やニキビ跡の赤みに効果を発揮しますが、小じわや毛穴の黒ずみ、毛穴の開きも改善します。 照射時の痛みはほとんどなく、直後よりメイク可能なno-downtimeな美肌治療です。

図
図
 

フォトフェイシャルm22のメカニズム

肌に照射した光(IPL)が、ターゲットとなるメラニン色素や毛細血管に吸収されたのち、光エネルギーが熱エネルギーに変換されて、各ターゲットにダメージを与えます。

図

メラニンは皮膚のターンオーバーに乗って体外へと排出され、毛細血管は退縮に向かいます。同時に線維芽細胞が活性化され、コラーゲン新生を促します。

光はターゲットにのみ反応するため、肌に傷を作ることなく、内側から美しい肌へと導いてくれます。

ダウンタイムのない治療ですが、1回の効果はそれほど高くありません。定期的に重ねて治療を受けることで、少しずつ肌のトーンや質感が改善されていきます。

フォトフェイシャルm22は1か月に1回を目安に5回を1クールとして治療を受けて頂くことをおすすめします。

初回 ¥12,000
1回 ¥20,000
5回 ¥85,000
図

Natulight(フォトフェイシャル前モデル)や他のIPL機器にはないOptimal Pulse Technology。

図

シミやくすみを効率よく改善させるために、与えるエネルギーを、
1.ヤケドを起こさない程度には弱く、
2.効果が少なくなり過ぎない程度には強く、かつ、
3.バラつきなく、毎回同じ大きさになるように、
コントロールする必要があります。

フォトフェイシャルm22に搭載されたOptimal Pulse Technology(OPT)により、安定して必要な量のエネルギーを皮膚に与えることができるため、従来機や他のIPL機器のように、ヤケドのリスクを理由に、出力を下げる必要がありません。

 

レーザートーニングとフォトフェイシャルm22の相違点

図

レーザートーニングでは、単一な波長の光(レーザー光)を顔全体に照射します。使用するのは一種類の波長なので、極言すれば、くすみならくすみ、毛穴の開きなら毛穴にしか効果はありません。

対して、フォトフェイシャルでは広域波長を使用します。フィルタにより不要な波長をカットした幅広い(多種類の)波長となります。

この幅の中には、「皮膚の浅い層にしか届かないがメラニン(黒)によく吸収される光」「深くまで届き、コラーゲンや血管(赤)によく吸収される光」を含みます。

フォトフェイシャルは、レーザーより出力は低いけれど、肌の暗さやくすみだけでなく、赤ら顔や肌のハリ感など、同時にいくつかのお悩みに対応しています。

くすみやシミを含め、総合的に肌を若返らせたい方には、フォトフェイシャルm22を選択することをおすすめしています。

図