マッサージピール

マッサージピールはこんな人におすすめ

  • 肌にハリ・ツヤを出したい。
  • 小じわが気になる。
  • 毛穴の開きが目立つ。
  • 赤みや色素沈着などのニキビ跡。
  • 化粧のノリが悪い。
  • 痛い治療は受けたくない。
  • ダウンタイムが少ない治療を希望している。

「最近肌のハリが減って、ツヤがなくなってきた」「小ジワだけじゃなく、毛穴も目立つようになった気がする」
年齢と共に現れる、なんとなく失われた肌のハリ・ツヤや、以前より目立つシワや毛穴の開き…
似たようなお悩みをお持ちの方は多いと思います。マッサージピールはこのような症状全般に効果的です。

ケミカルピーリングという言葉を、耳にしたことがある方も多いと思います。

ケミカルピーリングは、弱い酸を皮膚表面に塗布し、表面の角質を溶かす治療の総称です。
表皮にこびりついた角質を溶かすことで、皮膚のターンオーバーを促進させます。
古い角質と一緒にメラニンの排出も促すことで、シミも徐々に改善されますので、肌のキメやくすみに対して有効な治療ですが、作用するのは皮膚のごく表面までです。

一般的なケミカルピーリングでは、酸が強ければ効果は高まりますが、同時にダメージも強くなるので、下手をするとヤケド(化学熱傷)になってしまいます。
裏を返せば、酸の強さ、酸の接触時間を調整することで、ヤケドが起こらない範囲内での効果しか出すことができません。

イタリアで開発されたマッサージピールは、名前に「ピール」とついてはいますが、従来のケミカルピーリングとは全く異なる作用を持つ治療です。 マッサージピールで使用する「PRX-T33」という薬剤は、高濃度トリクロロ酢酸(TCA)に低濃度過酸化水素(H2 O2)が配合されています。 低濃度過酸化水素(H2 O2)の作用により表皮にダメージを与えないまま、真皮層に浸透した高濃度トリクロロ酢酸(TCA)が、線維芽細胞増殖因子を活性化させます。 この結果、皮膚表面にただれなど起こすことなく、真皮層でのコラーゲンの生成を促します。 肌のハリやシワ、毛穴の開きの主な原因は、皮膚の第二層である真皮のコラーゲン減少ですので、コラーゲンを増加させれば、それぞれの症状が改善します。 40歳を過ぎると、皮膚では新たなコラーゲンはほとんど作られないと言われていますので、真皮でコラーゲンを増やすためには、コラーゲン自体を注射で補充するか、コラーゲンを再び作りだす他に、有効な手はありません。 マッサージピールは、わずかなダウンタイムで、真皮でコラーゲンを作り出すことのできる数少ない治療のひとつです。 ※ダーマペン4と組み合わせることで、より効果の高い治療(ヴェルベットスキン)となります。 また、顔のシワや毛穴の開きだけでなく、妊娠線、肉割れ(皮膚線条)にも有効です。 マッサージピールでは、高濃度トリクロロ酢酸(TCA)と低濃度過酸化水素(H2 O2)が真皮に働きかけることで、コラーゲン生成が促されます。また、施術中の痛みやダウンタイムがなく、施術後にテープを貼る等の処置も不要です。

施術の流れ

  1. 洗顔し、メイクを落として頂きます。
  2. 優しく肌をマッサージしながら、マッサージピール(PRX-T33) を塗布します。
  3. しっかりと浸透したら拭き取りを行います。
  4. WiQoナリシングクリームを塗ります。
  5. 保湿クリームが乾いた後は、メイクしてお帰り頂けます。
※ご自宅では必ず専用クリームを塗布して頂きます。

注意点

  • 薬剤塗布時に少しピリピリすることがあります。
  • 妊娠中、授乳中、強度の敏感肌 、強い皮膚炎、コウジ酸に対するアレルギー のある方は治療を受けることができません。

治療回数

最初は1~2週間ごとに5回治療を受けてください。
以後、1~2か月に1回のペースで継続されると状態が維持されます。

料金

全顔、両手、首、デコルテの各一部位
初回 ¥9,000
1回 ¥15,000
5回 ¥60,000

背中
初回 ¥12,000
1回 ¥20,000
5回 ¥80,000